スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

憧れの岩塩坑に行ってきた!

こんにちは、しおりです^^
今日も朝から元気にチャリンコを漕ぐために、「塩パン」を食べてまいりました! そう。「しおり」だけに「しおパン」・・・!
そんな今回は「しおりの行きたかった『しおの国』【しおの洞窟】」
Wieliczka Salt Mine
ヴェリチカ岩塩坑はポーランド南部にあり、ポーランド第二の都市・クラコフから だいたい15キロぐらいの距離。 クラコフからはバスまたは電車で行くことができます。
もちろん、私たちはチャリンコこぎこぎ訪れました(・∀・)

ここはUNESCOの世界遺産にも登録されている場所ということもあり、人がめっちゃ並んでます。

しかも、WEBサイトから事前にチケットを予約しておく必要があります。

トリップアドバイザー の検索から公式サイトにアクセスできます。)
内部は全てガイドツアーで回るので、タイミングよく人数に空きがあれば当日直接行っても買えなくはないと思いますが、確率はかなり低いのではないでしょうか。


で、こちらがチケット☝️ 私たちは事前予約で③日前に確保していました。
予約が完了すると、予約完了画面とバウチャーが発行されるので、それを持って現地のチケットカウンターでチケットを引き換えます。
時間が来たらヘッドセットを貰って
ーーーさあ!ーーー
内部へ!!!

めっちゃ長い螺旋階段をひたすらひたすら降りていきます。
そして着いたスタート地点。

LEVEL 1  地下64mの場所から、ガイドツアーが始まります。
ワクワクする〜(o´∀`o)

早速、壁をスリスリ・・・

ペロリ・・・


・・・塩や!!!(当たり前)

かつて、この岩塩坑で働いていた人たちの労働姿や生活の様子などが再現されていたりします。太陽の光が射し込まない地下生活、当時は今のようにハイテク技術も進歩していない、どうやってこんな場所で生活を送っていたのか。想像しただけでも相当過酷だっただろうと感じました。

奥に進めば進む程、壁が半透明になってくるのを発見できます。

なーんもないただの岩のように見えても、ライトの光を当てると
スケスケやで!(・∀・)
そしてここが、岩塩坑のメイン。
【岩塩の大聖堂】

豪華に輝くシャンデリアも、壁面を飾る繊細な彫刻も、 完璧にシンメトリーに整えられた床も、

最新の投稿

国境越えるとそこは・・・ウクライナ - ポーランド編

coffe is my gasoline -shioriのコーヒーの話 ウクライナ-

the tunnel of love Rivne -愛のトンネルと蚊と草ー